“デジタル遺品”がテーマの新ドラマスタート!

 

こんにちは。

「デジタル遺品を考える女子会」のメンバー、ななです。

 

今まで自己紹介をしないままブログを更新してきましたが、先日思わぬアクセス数の伸びにびっくりしました。

同時に、多くの方が「デジタル遺品」に関心を寄せていることがわかりました。

 

一度私たちメンバーについて簡単にご紹介したいと思います。

 

かずさん

ITやデジタル遺品に比較的詳しい理系女子です。30代前半の独身でバリバリお仕事もしています。

 

みほさん

30代半ばの女子で3年前に結婚しました。すでに1児のママです。

 

なな(わたし)

デジタル遺品どころかIT全般に疎い20代後半女子です。向学心は旺盛なタイプと自負しています。

 


私たちは、元々派遣された職場ではじめて出会った仲間でした。

ランチや飲み会を一緒にするようになって、結婚話やお金の話などいろいろ語りながら、現在に至っています。

 

みほさんが最近「デジタル遺品」というキーワードを知って、自分の旦那さんに何かがあったら困る……と思ったことがきっかけで、ランチでもたびたび話題に出すようになりました。

 

🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼

 

実は、先日のランチで話題になったのが、デジタル遺品がテーマの新ドラマ「dele(ディーリー)」。

 

みほさんがファンを公言している菅田将暉クンが主演で出るというので、始まる前から大興奮!

(なんでも菅田クン出演のドラマや映画は全部チェックしてるとか)

 

このドラマについて簡単にご紹介すると、

菅田クン演じる主人公たち2人が依頼人から受ける“相談”はちょっと特殊な仕事。

 

実はその仕事というのが、死後に表に出せないデジタル記録をすべて消すというものなのです。

ところがその過程で大変な事件に巻き込まれてしまうようです。

 

実際に、そんな仕事があるのかはわかりませんが、あってもおかしくはない時代!

特に、これからはニーズがありそうな分野かもしれないですよね。

 

 

実際、持ち主を無くしたデジタル遺品ってどうなるの?

 

家族の誰かが亡くなった後に残されたパソコンからすごい秘密が出てきた!!

なんてのはあくまでもドラマの展開のような気がしますが、

やっぱり自分が死んだら、家族に見られたくないものってありますよね。

 

みほさんにも、「誰にも見られたくないものってありますか?」と聞いたら、

「うーん、断然スマホかな!」と即答でした。

 

「だってぇ…今の旦那ちゃんの前に付き合っていた彼氏の電話番号と写真、いまだにデリートしてないんだもんっ!」だそうです(汗)

それはやばいですよ(苦笑)みほさんっ!

 

まぁ、こんな風にその人その人の「プライバシー」があるし、自分だけの秘密としてそっとしまっておきたいモノの一つや二つ、ありますよね。

 

みなさんは、何かありますか?

 

自分にもしものことがあった時、見られてもOKですか?